井戸建設支援について

カンボジアの貧しい農村地域では、未だに水道、電気、ガスなどは通っていません。

そんな地域では、池や川の水や雨水を生活用水、飲料水に使っています。

私が訪れた村でも、動物の排泄物などが混ざっているような池の水を使っていました。

それはにごった泥水のようなものでした。

その水を、飲み水、料理、洗濯、水浴びなど、全てに使っているのです。

そして、水汲みは、女性や子供達の毎日の仕事です。家から数百メートルも

離れた池まで、重たいバケツを2つ、棒の両端にぶら下げて毎日運んでいるのです。

日本にいると、水道をひねると綺麗な水がいくらでも出てきます。しかし、

発展途上の地域に行くと、それは決して当たり前ではないことなのだ。

と思い知らされます。

 

私がカンボジアを訪問して実感した事は、

 「井戸を支援することは、貧しい地域の人達の生活に大きく貢献できる」ということでした。

 

井戸が出来ることで・・・ 

〇生活用水が手に入る 

〇子供達の水汲み作業が減る

〇作業時間が減ることで子供達が学校に通うことが出来る。

〇子供達が勉強する時間が増える 

〇安全で美味しい水が飲める

〇水の確保により生活が快適になる

〇生活が楽になる

〇安全な水が飲めることで病気が減る 

〇村の人達の生活が向上する

〇水の確保から生活に潤いが出来る 

〇畑などを作り農作物を植えることができる

〇仕事が増え、収入を拡大することができる

〇井戸があることで人が集まる

〇人が集まると村が活性化する

 

井戸を建設することは、安全な水を支援するだけはなく、生活水準の向上や、未来に可能性にも支援することになるのです。

 

No2リサイズ.jpg

 

 

支援している井戸は、小型井戸、大型井戸の2種類です。

※全ての井戸は、採掘前に水質検査での安全性を確認した上で、支援しております。 

支援先は、井戸のない(若しくは井戸が壊れて使用できない)小学校、若しくは、水のない貧しい村に支援しています。

 

 

◎小型井戸

〇カンボジアの中で一番使われている井戸です。

〇比較的浅い水脈の地域や、砂利などの少ない地質に掘ることができます。

〇難点は、故障しやすい事と、水脈が浅い為に水源が途中でなくなる可能性があります。

〇採掘地域によりますが、1基で5〜10家族で使う事が多いようです。

〇通常3〜4年は修理せず使用できます。(但し、使用頻度、設置箇所により、それよりも早くに修理が必要になったり、水源が切れる場合もあります)

 

蟆丞梛莠墓虻.JPG

 

◎大型井戸

〇小型井戸が掘れない地域、多人数で使用する場所に設置します。

〇大型井戸は、深く掘ることができ、水脈が深い場合や、軟弱な地質、硬い岩盤の地質などに適しています。

〇大型井戸の場合、小型井戸よりも故障が少ないです。

〇小さな村などは、1基で1つの村全体で使用することが出来ます。(約50〜100家族)。

〇大型井戸はメンテナンス次第で長期間(10年以上)の使用が可能です。

(使用できる期間については、地質や周辺地域の状況、使用頻度により変化することがあります。できるだけ長期間の使用ができるよう、KHJから村人への指導を行っています)

 

大型井戸.JPG

 

※井戸が壊れて使えなくなったり、修理が必要になった場合も、可能な限り寄付金より

メンテナンスを行っていこうと思っています。支援して頂いた井戸を出来るだけ

長く使って頂けるよう、対応したいと思っています。

詳細は「井戸支援をお考えの方へ」のページでご確認ください。